よくある質問

Q: Infinity ロケットの初飛行はいつですか?

A: 今後 6 年で試験飛行を開始します、試験飛行は約 2 年間実施する予定です。


Q: どれくらいの開発コストを見込んでいますか?

A: 現時点で、およそ 40 億円です。


Q: Infinity の飛行時間は?

A: 6 分間の無重力体験が可能です。これは、現時点で民間サブオービタルサービスで世界最長であり、Infinity が高度 200km まで到達できるロケットであるため実現できます。


Q: サブオービタルとは何ですか?

A: サブオービタル飛行とは、地球を周回する軌道まで到達する高度と速度には満たないものの、ロケットが弾道を描いて飛行し、数分後に地球に帰還する飛行を指します。


Q: 宇宙飛行チケットの価格はいくらですか?

A: 運用初期は 1200 万円を見込んでいます。これは世界の競合他社と比較してもおよそ半額です。また運用開始から 20 年以内に 100 万円まで価格を下げる予定です。


Q: Infinity とはどういう意味ですか?

A: Infinity は、英語で「無限」や「永遠」などを意味します。宇宙は無限であることが名前の由来です。また、Orbspace は設計中の Infinity を開発後に発展させ、地球を周回する軌道まで飛行する第 2 世代ロケットもすでに計画しています。


Q: ロケット打上げ場はどこになりますか?

A: 具体的な場所はまだ検討中です。Infinity は垂直離着陸型のロケットのため、大規模な空港設備は必要なく、無人島や海上プラットフォームなど様々な候補地が考えられますが、半径 15km 圏内に人がいない場所であれば、理論上どこでも打上げが可能です。垂直に上昇するエレベーターを想像していただくと分かりやすいかもしれません。Infinity は半径 15km 圏内の安全ゾーンを出ることは絶対にありません。