茨城県大井川知事から「スタートアップビザ」茨城県第1号確認証明書を交付

2020年09月08日

2020年9月9日、茨城県大井川知事より、「スタートアップビザ」の茨城県第1号となる確認証明書がア―ロン・レンシュに交付されました。

スタートアップビザは経済産業省が、法務省との協力の下、外国人による起業を促進することを目的に、2018年12月からスタートした制度です。この制度により、外国人起業家は最長で1年間、起業準備活動のために入国・在留することが可能となります。この度アロン・レンシュが、この制度を実施している茨城県から第1号として確認証明書の交付を受けました。

コロナウィルス感染拡大の影響で、残念ながら Orbspace による会場への出席はかないませんでしたが、ユニキャスト様の遠隔ロボット Temi の力を借り、東京からバーチャル形式でアーロン・レンシュが交付式に参加しました。

この度の大井川知事やつくば市によるご支援をはじめ、日本では、経済産業省や JAXA を通じ、政府や地方公共団体など様々なレベルでニュースペースへの力強いサポートが行われています。これにより民間宇宙産業が発展しやすい環境、そしてOrbspace など各国の企業にとっても、非常に魅力的な環境が整えられています。

Orbspace の日本本社は2020年10月、つくばスタートアップパークに設立される予定です。

■ ■ ■

メディア掲載:

写真:

関連情報:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です